神戸市会議員/北川みちおのホームページ神戸市会議員/北川みちおのホームページ

以前の活動日誌

[1.17]森公園追悼の集い

2007年 1月17日(Wed)

東灘区森南町の森公園で追悼の集いがありました。午前5時46分、雨の中集まった人たちと共に震災で亡くなった方たちの慰霊碑に黙祷をささげました。
震災から12年が経ち、干支も一巡しましたが、震災から得た教訓を生かせるようなまちづくり、生活支援をさらに進めていきたいと決意しました。

灘市民放水大会

2007年 1月14日(Sun)

住吉川河川公園で今年で10回目の放水大会がありました。当番幹事なので議員の代表で挨拶させていただきました。
その中でも触れましたが、地震が発生した時、ゆれが起こる30秒前に緊急地震速報を出せるようになったり、竜巻が起こりやすい気象予報を出せるようになっても、人の命を守るのは、ひとの力で、地域の力でしか守れないので地域の皆様の防災意識を高めれるようなまちづくりをしていきたいと思います。

北川みちお君を励ます会

2006年11月12日(Sun)

励ます会を開催していただきました。
大変お忙しい中、アシックスの鬼塚会長をはじめ、100名を超える大勢の方に来ていただき、感謝の思いでいっぱいであります。 今後も皆様の期待にお応えできるようにがんばりたいと決意させていただきました。ありがとうございました。

プロップステーションナミねぇ訪問

2006年10月 2日(Mon)

プロップステーションの竹中ナミさんを参議院議員、山本かなえさんと共に訪問しました。
ナミねぇからは、日本版ADA法(障害を持つアメリカ人法)の制定に向けての課題などについてお話を伺いました。一口にユニバーサルと言ってもハードの問題だけでなく心のユニバーサルも目指す必要あることが判ります。
いつお会いしてもパワフルなナミねぇからまた、エネルギーを頂きました。

議案外質問

2006年9月27日(Wed)

議案外質問で10月からスタートする認定こども園について矢田市長に質問しました。
神戸市の待機児童の7割は0~2歳ですが、そういう地域でも民間幼稚園は定員割れのところもあり、幼保連携すれば、待機児童解消につながる。保育所の認可については神戸市の権限であるので、この制度を積極的に活用し、待機児童解消を含んだ子育て支援策として推進するべきだと訴えました。
市長からは、国のガイドラインが出たところであり、県の条例が出るのがこれからであるが、検討していくとの答弁がありました。

終戦記念日街頭演説

2006年8月13日(Sun)

戦後61回目の終戦記念日を迎え、参議院議員山本かなえ、衆議院議員赤羽かずよしと赤松正雄による街頭演説会を元町大丸前で実施し、司会をやらせて頂きました。
首相の靖国参拝問題や戦争責任が議論されていますが、戦争を知らない世代の我々が真剣にこれらの問題を考えねばならないと痛感しました。

兵庫県本部 夏季議員研修会

2006年7月30日(Sun)

明年の統一地方選挙、参議院選挙目指しての議員研修があり、坂口党副代表からは公明党が進めている少子社会トータルプランの説明がありました。
議員総会では、私が東灘区のくるくるバスのご報告をさせていたきました。
又党本部からネットの議員ホームページが選挙活動用での利用について検討されているなどの報告などがありました。

大日交差点横断歩道バリアフリーへ

2006年6月28日(Wed)

国道43号線大日交差点の横断歩道の南北信号待ちのところ、中央分離帯のところに数センチ段差があり、高齢者の方からカートで渡りにくいので陸橋を利用しているとの声がありました。国に段差をなくすよう要望したところ、数日前に早速工事が開始され本日終了しました。

はるかのひまわり

2006年6月25日(Sun)

毎月、第二第四日曜日に西岡本防災ひろばの掃除を地域の方々とともにやっていますが、今朝見ると、住吉川左岸に今年も「はるかのひまわり」が咲き始めていました。震災の時、本山第二小学校の6年生だったはるかちゃんがなくなり、彼女の家のあった場所から大きなひまわりが咲きました。その花を毎年咲かせ続けていますが、今年もその時期が来ました。

少子化の原因

2006年6月16日(Fri)

少子化について神戸大学大学院教授の小塩隆士氏の講演をお聞きしました。
小子化の原因の多くは結婚後ではなく結婚前。既婚カップルの出生力は落ちていないというのが小塩理論。 結婚しない若者が増え、結婚しても第1子を生む妻の年齢が30歳近くになっており、第2子を産もうと思っても体力的な問題が出てくる。少子化の原因の7割は非婚、晩婚といわれています。

PAGE TOP