神戸市会議員/北川みちおのホームページ神戸市会議員/北川みちおのホームページ

ご挨拶

北川みちおのホームページにアクセスして頂き誠にありがとうございます。
このホームページやフェイスブック、ツイッター等を活用して市政報告や議会活動のご報告をさせて頂きたく思いますのでよろしくお願い致します。
私も微力ながらこれまでの経験を生かし、 お 一人お一人の暮らしを守るため全力で取り組みます。
今後とも皆様の貴重なご意見を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

神戸市会議員 北川みちお

更新情報

2018年12月3日
「いま思うこと」を更新しました。

いま思うこと

「神戸市こどもを虐待から守る条例」をH30年11月議会で提案

2018年12月03日(Mon)

神戸市における虐待通報件数は、一昨年の1,200件から昨年は1,500件と増え続けています。虐待といっても暴力だけでなく、こどもへ暴言を吐く心理的虐待、子育て放棄(ネグレクト)等さまざまですが、最近はこどもの面前で両親がけんかをする面前DVが増加していると聞いています。これは、心理的虐待になりこどもの成長を阻害する要因になります。

虐待に至る原因も貧困や親の精神的不安定等、様々ですが、このような状況では「子育てしやすいまち神戸」を掲げることが危惧されるという思いがありましたので、虐待からこどもを守るために、議員政策提案として11月28日の市会本会議では提出議員(与党会派)を代表して私と自民党議員が、30日の文教こども委員会では私が代表して提案しました。H31年4月1日施行予定です。

(以下条令案の前文)
「こどもは生まれた時から一人の人間としてその権利が保障され,尊重されるべき存在であり,健やかに成長する権利がある。そして,神戸市民全体の幸せであり,希望,願いでもあるこどもの幸せの実現のためには,保護者が喜びや生きがいを感じながら,安心して子育てができるよう,社会全体で支援していく必要がある。こどもへの虐待は,こどもの基本的人権を否定する著しい人権侵害であり,こどもの心身の 健やかな成長及び人格の形成に重大な影響を与えるもので,理由の如何に関わらず決して許されない。こうした認識の下,神戸市は,市民,行政及び地域が一体となって,虐待のない子育てに優しい街を目指すとともに,虐待 が起こった時にはそれを決して許さず,厳しい態度で臨むことが求められている。こどもへの虐待をなくしていくためには,虐待の未然防止,早期発見,早期対応,対応後のこども,保護者等への支援を強化・充実させていく 必要がある。こどもたちの幸せを守り虐待を防止するため,全ての神戸市民が一体となって,地域の力でこどもと家庭を支える社会を推進するため,この条例を制定する。」

北川みちおの活動日誌

北川みちおの活動日誌
※新規ウィンドウでブログが開きます。

PAGE TOP